【レビュー】パール金属 5.5L 圧力鍋 買いました!

スポンサーリンク

パール金属の圧力鍋5.5L クイックエコ 3層底切り替え式圧力鍋(H-5042)を買いましたので、大きさや使用感について書いていきます!

仕様

僕が買ったのは、パール金属の圧力鍋で片手鍋タイプのものになります。

  • 作動圧力  高圧100kPa/低圧60kPa      
  • 製品サイズ 全長425×幅250×高さ210mm(底の厚さ4.4mm)
  • 重量 2730g
  • 本体 ステンレス鋼(クロム18%・ニッケル8%)
  • はり底 アルミニウム合金・ステンレス鋼(クロム16%)
  • 蓋 ステンレス鋼(クロム18%・ニッケル8%)
  • 取っ手 フェノール樹脂(耐熱温度150度

圧力鍋の底は3重構造になっていたり、蓋が頑丈で重たいために具材や水を入れた状態だととっても重たいです。

本体重量だけで2.7kg。

5.5L容量なので、最大8.2kgにもなる可能性がありますね。

MR.
MR.

出来立ては熱いし重たいのに無理して持って、ガスコンロやシンクにぶちまけたら悲惨だなぁ…。

両手鍋タイプもあるので女性はもちろん、男性でも大容量の5.5Lの購入を検討しているのであれば、両手鍋タイプがいいかなと思います。

僕は、ちょっと重たかろうが熱かろうが気合で乗り切るタイプですので、少しでも安い片手鍋タイプにしました笑

大きさを何かに例えるとすると、ちょっと大きめのバケツくらい。

逆に伝わりづらくなってないと良いです笑

本体

具材を入れた状態で水を入れた際、水面が最調理料を超えない様にします。

大豆など豆類だけを煮る時は、下の線が最大量になるので要注意です。

きれいだなぁ

パッキンは経年劣化する消耗品ですので、蒸気が漏れたり硬くなれば交換しましょう。

圧力調整や蒸気排出口は取手付近にあります。

このダイヤルを下に押し込みながら回すと変更することができます

内容物

中に入っているのは

  • 本体
  • レシピブック
  • 各種説明書や注意事項が書かれた書類

このレシピブックは「圧力鍋といえばこれだなー!」っていうレシピが書かれていました。

圧力鍋のレシピは数えきれないくらい検索するとあるかと思うけど、一応の目安としてこのレシピブックに書かれている水分量や加圧時間を参考にして、調理すると事故や失敗が少なくなるかなと思います。

注意点①

特に注意した方がいいなと思ったのは

③に書かれている「カレー及びシチューのルーを使用する場合は蓋をせず、絶対に圧力をかけない。」です!

MRS.
MRS.

じゃぁ、カレーやシチューとかとろみがある系作れないのかな?

MR.
MR.

加圧調理が終わった後に鍋蓋を外してからルーを入れて調理するんだよ!

カレーを例にすれば、ルー以外の具材や水を入れたら加圧調理をします。

加圧調理が終わって、蓋を安全に外せる様になれば、ルーを入れれば完成!

使い慣れないとちょっと難しく感じるかもしれませんけど、調理時間が圧倒的短時間で完了するので欲しいなら今すぐ買いましょう!

注意点②

圧力鍋の重要ポイントであるスプリング式の弁。

これがうまく作動しないと大事故につながるかもしれませんので、洗うときや使用前にはチェックする様にします。

まとめ

今回は開封と注意事項の記事でした。

重たいし何だか危なさそうと思うかもしれませんけど、ちゃんと使えばガス代や調理時間をめちゃくちゃ節約することができます!

僕が購入した5.5Lのタイプでなくても2.5Lの少量タイプやワンタッチで確実にロックできる商品もあると思うので、是非チェックしてみてください!

できれば、使用レビューの記事も書いてみようかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました