筋トレに対する誤解

スポンサーリンク

筋トレって何の略?って考えたことはないですか?笑

筋力トレーニング?

筋肉トレーニング?

いずれにしても、ある程度の負荷を身体に与えて、能力や機能を向上させることだと思います。

僕は学生のころから数えれば10年以上、身体を鍛えてきたつもりです。

そして、ここ数年で”筋トレブーム”や”フィットネスブーム”があり、身の回りの食品や情報までもが大きく変化してきているなと実感しています。

しかし、そんな現代でも昔からの大きな間違いや誤解が深く残っている部分があるなと思ったので書いていこうと思います。

何のために筋トレしているの?

こう思う方も、思われる方も今後少なくなっていくといいなと思います。

筋トレをしていく上で目的は違ってくると思います。

  • スポーツなどのため身体的能力を向上させたい
  • 体つきを良くしたい
  • 腕を太くしたい、足を細くしたい
  • 腹筋を割りたい
  • 運動不足だから生活習慣の中で運動を取り入れたい
  • ただ単に、身体を動かすと気持ちいい

これ以外にも理由や目的があると思います。

これら身体を動かすことによって得られる快感やメリットは多くあると思います。

ダンベルやバーベル、マシンを使って鍛えて身体つきが変わると周りの目も変わります。

薄着の季節になるとだいぶ自信もついてきますね。

実際理由なんてなく、ただ楽しくて続けているって方も少なくはないんじゃないかなと思います。

ジムのスタッフと仲良くなったり、同じ時間帯を利用する方と顔見知りなったり、切磋琢磨しているような環境で仲良くなったり。

そんなやり続けている中で、ジムに通う毎日が楽しいから体鍛えてますって方が多いと思う。

だから、何のために鍛えてるの?って質問にうまく答えられないときが多々ありますね笑

筋トレしたら太くなるんでしょ?

実際、なかなか太くなりません。

「太くしよう!」「大きくしよう!」と躍起になればなるほど細くなっていく気がします笑

何もしなくても太くなってしまう方がたまにおられますが、うらやましい限りです。

ふくらはぎなんかは誰しも「細くありたい!」と思っているのではないでしょうか。

でも、ただでさえ太いのに「筋トレしたらもっと太くなっちゃう」と思うかもしれませんが

その多くの原因は浮腫みや脂肪だというのが多くの研究などで言われています。

筋肉自体は少ないが、脂肪が多く浮腫みがちで太く見えてしまっていると思います。

浮腫みを抑えるために運動して血行良くして、一日を通して水分をたくさん採る。

カロリーを抑えながらバランスのいい食事をして脂肪の蓄えを抑える。

これらを守ることでかなり痩せる身体に近づくと思います。

痩せるためには走ることが一番でしょ?

痩せるために長距離、長時間走ることを思いつく方が多いと思います。

長距離、長時間走るためには少ないエネルギーで効率よく走ることが重要ですよね。

そのため腕を最小限に振りながら、身体の上下を少なくし、膝の上下も少なくする…。

さらには太ももを使って走ることも抑え、結果、ひざ下のふくらはぎや足首を使って走っている方を多く見かけます。

そうすると、消費カロリーは抑えられるから相対的に脂肪は減少していきますが、ふくらはぎや足首の運動強度は強くなるため、ふくらはぎの筋肉は強化されて太く見えがちになるとおもいます。

これでは、目的と結果がちょっとずれてしまっていると思います。

そのため、距離や時間は結果として捉えて、適切なフォームで走ることを目標にするべきだと思います。

適切なフォームで腕を振って姿勢よく歩くことでさえ5分もすると疲れますよね。

それを6分、7分、、、10分、15分と伸ばせれるよう続けていくことが大切だと思います。

走ることも、ペダルを漕ぐことも、ウェイトを上げることにも通じる一番大切なことだと思います。

食事制限て好きなものを何も食べれないんでしょ?

たしかにその通りです。

ケーキもピザも、ハンバーガー、ドーナッツ…

挙げればきりがないですが、これらは好きなだけ食べることはできません。

でも、「一口も食べてはいけない」とはならないですよ。

ケーキもピザも一口だけ食べることに対してはあまり影響ないと思います。

ただ、一口だけで辞められる方は本当に少ないと思います。

だから最初は一口だけと決めていても、もう一口、もう一口、、と食べてしまうから、いっそ食べない!と決める方が大半だと思います。

でも、ケーキやピザなど先ほど挙げたものを食べる快感や幸福度はとても高いものなので、たまには食べたほうが、人生の幸福度に繋がるし、さらにトレーニングがはかどるんじゃないかなと思います。

鶏むね肉やササミ、プロテインシェイクが大好きでしょ?

もちろん!!!大好きです!

なんといっても身体つくりにはたんぱく質が重要です。

そのためたんぱく質を多く含む食材を好んで食べます。

脂がたくさんのったステーキや和牛はあまり好んで食べない方が多いと思います。

多くのアスリートやボディメイクをしている方は1日の摂取カロリーが決められています。

その中で、脂質は1gあたり9kcalあります。

それに比べ、たんぱく質とお米や麺類に含まれる糖質は4kcalです。

たんぱく質を多く摂取するために脂質も多く含まれる食材を食べていては簡単にカロリーオーバーとなってしまいます。

だから脂質が低く、価格も安い鶏むね肉やササミ、卵などを好んで食べていると思います。

また、プロテインシェイクはその名の通りたんぱく質ですので、サプリメントで調理の必要がなく手軽に摂取できますね。

まとめ

以上が、僕の身の回りで多く聞かれる誤解や認知度の低い事柄でした。

これらが少しでもなくなってトレーニングすること自体の敷居が低くなったり、食やジム等の環境が良くなればなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました