おすすめYouTuber 〜Storytime ver.〜

スポンサーリンク

Hey guys! Mrs.参上だよ〜。

今日は前回のMrs.記事「Hey Guys! I’m Mrs.」でお約束したとおり、私の超!おすすめするYouTuberさん(Storytime ver.)をご紹介していきたいと思います。Makeup gurus ver.とBody Modifications ver.も考えているので、興味のある方はお楽しみに。

Top5を5位から順にご紹介していきます。では、Let’s get started!

第5位!Kiera Bridget 〜並外れた皮肉のイギリス英語女王〜

Kieraとの出会いは3位に出てくるTanaの関連ビデオから飛んだの覚えてます。かわいらしい美人さんだけど、口を開けば皮肉皮肉皮肉。すごく落ち着いていて、年下とは思えない考え方と物事の捉え方に惹かれました。イギリス英語とちょっと低めだけど低くない(?)の声で耳に気持ちよいよい。

最近はprank(いたずら)やchallenge系動画が多く、storytime投稿は少なめですが、20本前後のビデオが過去にあるのでぜひ見てみてください。サムネイルは過激ですが、ご安心を。

第4位!Channon Rose 〜元うっふ〜ん❤️女優〜

Channonは元セクシー女優でなっかなか一般人が経験できないようなお話を聞かせてくれます。しかも何が魅力って好きで女優さんをしてたこと。とっても楽しそうにこんなシーンしたよ、色んな人がいるよ、とお話してくれます。つらい過去を背負っておられるけど、明るくて楽しい人です。クルージングで酔っ払って船から落ちたって話は最高だったなぁ〜。

今では念願のSnowちゃんを授かり、それまでの苦労話も載っています。Snowちゃん、すーーっごくかわいいんですよ。目がくりっくり!ぜひ“いいね”しに行ってあげてください。

第3位!Tana Mongeau 〜ザ・LAガール〜

Tanaの初ビデオはピアス(ロブとヘリックス)を縫い針で開けた話だったのをよ〜く覚えてます。そこからKiera(第5位)に飛んで私のStorytime YouTube徘徊の日々が始りました。Tanaも皮肉まじりの元気な女の子ですね。いるいるこういう子!ってはじめは思うけど、賢いんだろうな〜って思わせる語彙力に表現力。早口なので今TOEICや英検勉強中で、最近習った単語が聞き取れたらリスニングは不安ゼロです。

薬物、ストーカー、逮捕…文字にするととんでもない人を想像しそうですが、とりあえず見てみてください、おもろいです。つい最近Logan Paulと結婚してTana Paulに名前が変わっています。ティーンの頃のTanaが個人的には好みですが…。今の彼女も大人っぽさを増していいですよ。

第2位!Nikki Glamour 〜壮絶な学生時代を通して得た人格〜

なんとも分別のある落ち着いたかっこいい女性。学生時代に転校を4度経験し、3回目で彼女のいう “the shitty shitty school”であった喧嘩や恋愛話、教師の解雇などこりゃまた多くの人が経験しないであろうことを高校時代にたくさん経ています。元義理の妹のはちゃめちゃな男遊びシリーズやAsk Nikki (購読者の人生相談)シリーズも人気な動画です。Nikkiのチャンネルは通知ONにしていて、アップロードがあれば即再生しちゃいます。

アメリカはコロラド州デンバーダウンタウンの大都会っ子。アクセントがやっぱりコロラド感満載だけど、豊富な語彙と表現でイメージを膨らましてくれるお話を聞かせてくれます。

第1位!Jessi Smiles 〜好きなスポーツは…キッス〜

やっぱり迷うことなく映えある1位はJessiですね。好きすぎて説明できません。Jessiは音楽のようにStorytime Playlistをシャッフルで流しています。彼女の動画の最初の2秒の “Hey guuuys!” でどの話か当てられるほど聞いています。彼女が過去に経験したデート話は劇的なものばかりで、何百回プレイしたか分からないけど未だに口角が上がります。

さらに歌がとっても上手。弟のJoeyは作詞作曲家で時々コラボしてます。二人のハーモニーは最高です。MVもいくつかあります。スムーズな優しい歌声できょうだい揃ってvegan butterのような歌を歌います。(Jessi本人の台詞引用)

まだまだ開拓中!

いかがでしたでしょうか。人様の波乱万丈な人生を知るのって楽しいですよね。

…ってMrs.だけ?あんま大きい声で言わんがいい?

冒頭でもお話したように、おすすめYouTuberさんMakeup Guru ver.(お化粧系)とBody Modifications ver.(ピアス/タトゥー系)も考えていますので、また見にいらしてください。

Thank you so much for reading, and see you in the next article! Bye.

コメント

タイトルとURLをコピーしました